スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり無線

なんだか蒸し暑い日が続く はぴ地方。

7月3日(水) 
この日 インターネットの接続を
グレードアップするための工事をしていただきました。
工事費無料の言葉に惹かれてのことで
多少の「遅さ」は感じるけど
Wi-Fi環境のある状態に
とくに不満もなかったのだが・・・

無事に接続工事が完了し
取説片手にひとりブツブツと設定をしていたとき
「無線LANの設定をしてください」と
思いもよらないエラーメッセージ

手っ取り早くサポートセンターに電話して
担当の方とあれこれ色んな設定を試すこと40分。
結局、手持ちの無線LANルータが古く(と言っても7年前購入)
設定が難しいことがわかったのでした 

昨日まで使えていた機器が
壊れてもないのに
いきなり使い物にならなくなったことはとても残念。

でも私の中の 怒り とまどいを
新しい無線LANルータの購入に導いてくれたのは
すごく丁寧なサポートセンターの方の対応のおかげ。
隣で一緒の画面を見ているような口ぶりに
パソコンおんちの私でもスイスイ操作と今の状態の理解ができ
前向きな考えを持つことができました

とりあえず週末までは
有線でとケーブルをつないでみたものの
DSC05808_convert_20130707081416.jpg
ケーブルの長さが短くてパソコンは床に直置き。
しかもここは2階の はぴパパの部屋。

「ブログは寝そべって更新しよう」
とはりきっていたはずなのに
さすが面倒くさがり屋の私 

いままではその日の気分で適当な場所でブログをかいていたけど
有線になってからは2階に上がることが苦になって
ブログもさぼってしまいました。


    


そして昨日。
新しい無線LANルータを購入し
午後9時から設定開始してみたが 
取説読んでもさっぱりわからない 

時折 気分転換にと
はぴパパのコレクションなんかを眺めつつ
DSC05839_convert_20130707081455.jpg
実に5時間もかけすべての設定を終えた
はぴママ でした。


最近、デスクトップ型のパソコン購入を
密やかに検討してたけど
私の性格的 には
どこでも使えるノート型のほうがあってるみたい 

パソコン選びに重要なのは
「環境」と
使う人の性格」なのかしら?
そんなことを思い知った数日間でした(笑)


 ぽちっとしてね
ランキングに参加しています
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


☆ ☆ ☆ お ま け ☆ ☆ ☆

すべての設定が終わったAM3:00頃。
けたたましいサイレンが鳴り響き
150m先の国道が赤い灯りに覆われている。
爆睡中の はぴパパに報告すると
「ちょっと行ってくる 」 と。
交通事故ではなく、火事でしたが・・・

実は はぴ家の住む町。
春から放火らしき事件が続いています。
今回で5件目くらいかな?
犯人は未だ不明。

今回を最後に連続放火事件が
なくなってくれればよいのですが・・・。
町民の不安は大きくなるばかりです。


最後まで読んでいただき
ありがとうございました

 

自分の犬のすべてを許せるのは、そのオーナーだけなのです。

1週間前の朝霧FDGの帰り道のことです。

高速にのったら休憩を
たっくさんとるのが はぴ家流。

この日もソフトクリームを食べたり・・・
DSC05689_convert_20130621215808.jpg

DSC05690_convert_20130621215838.jpg

山に登ってみたり・・・してました。
DSC05688_convert_20130621215659.jpg

そしてあるSAでドッグランを発見!
はぴパパと1号が買い物をしている間
私と はぴ姉2号とハッピーは
ドッグランで待つことにしました。

少しばかり手狭なランを4~5組の方が
利用していたと思います。
ドッグランの出入り口付近に
1頭のクリーム色のラブラドールレトリバーがいました。

このラブちゃん、ものすごくフレンドリーな感じ。
でもね、大きな体のわりに落ち着きがないな。
撫でると力まかせにすり寄ってくる。
そんなことを感じていました。

私達がラブちゃんを撫でる様子を
70才代に近いご夫婦がにこやかに見つめてます。
ご主人は出入り口付近にたったまま
奥さまはベンチに座ってらっしゃいます。
きっとラブちゃんのオーナーさんなのだろう・・・。
そんなことを思いながら撫でていたのですが、
このラブちゃん、あまりにもグイグイ押してくるので
ご主人に「このコ、若いですか?」
そう聞いてしまいました。

ご主人の返事は「今、9ヶ月だよ」と。
驚きました 
だって成犬ほどの体格だったのですから!
うーん、でもそう言われてみると
お腹がまんまる、ぱんぱんに膨らんでいる。
「肥満」の言葉がピッタリです。

ビビりなハッピー、グイグイ寄ってくるわんこは苦手。
ラブちゃんから離れた場所にささっと移動。
そんなハッピーにあわせ私達もこそっと移動。

ラブちゃんが追いかけてこないことに少し 

私とハッピーとは、少し離れた場所に
はぴ姉2号も立つことにしたようです。

そして・・・
ハッピーにばかり気をとられてた私に
「やめて!やめて!」
はぴ姉2号の声が飛び込んできたのです 

そこには、さきほどのラブちゃんに押し寄られ
金網にもたれかかり座り込む 2号の姿 
2号の頭についているシュシュを
狙っているようにも感じられます。

私が2号に近づくとラブちゃんは離れて行きました。
自分の頬を抑えながら
カンカンに怒ってる2号。
頬には爪で引っかかれた痕と泥がついてました。

そして、あのご夫婦は・・・
出入口付近から 全く動かず
驚いたことに 微笑んでいる ではありませんか!!!

確かに、仔犬がじゃれつく様子は可愛いかもしれない。
孫のような存在であればなおさらだろう。

でもね、他人に危害を加えてるのを
笑いながらみているとは何事だ!
せめて走り寄っていき
自分の犬が他人に何をしたかの
確認くらいはとるべきではないのか!?

ご夫婦の年齢では走ることは無理かもしれない。
自分達がとっさのときに動けないのなら
きちんと犬を躾けるべきではないのか!?

このまま自由奔放に育ててしまえば
とんでもないことになるよ。
あと数ヶ月もすれば力だってかなわない。
散歩中、犬に引きずられオーナーさんが
転ぶことだって考えられる。
お年寄りが転んだら大変なことになっちゃうよ。

頭の中で文句がグルグル回ってるけど
もちろん何も言わずにランをでることに。

私達がランをでる寸前に
ラブちゃんが他のわんこにちょっかいをかけ
わんこは「キャイン!」
尻尾を下げて逃げて行った。
でもね、やっぱり ご夫婦は
にこやかに見てるだけ。


ピンと張り詰めた空気を切るように
ランをでてきたけど・・・
結局、ご夫婦からはなにも言葉がなかった。

そのことに更に腹を立てたはぴ姉2号。
「どうして謝らないの?」
「大人なのに自分が悪いことしたのが分からないの?」
ごもっともな意見に
「悪いことしたと思ってないから
謝らなかったんだよ」
こんな屁理屈じみた言葉しかでない
情けない はぴママでした。 


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています
 ぽちっとしてね
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

最後まで読んでいただき
ありがとうございました


ご無沙汰しております

ご無沙汰しております。
あまりにも久しぶりのブログ更新 

この2週間、ハッピーも私達家族も
今までと変わることなく
元気に過ごしていました 

ご心配いただいたリアル友達やルーMAMAさまには
とっても申し訳ないのですが・・・
はぴママ、ただ単に 眠くて
ブログをさぼっておりました 
ほんとうにごめんなさい!!

こんな適当なブログですが今後も続けますよ~


    


さてさて今日はバラの話です。

はぴ姉2号がお腹にいるころ
庭のある家に引っ越した、はぴ家。
はぴ姉2号のお誕生記念に
私の父母にバラを2鉢選んでもらいました。

1つは「ティネケ」という白いバラ。
もう1つは「ピエール・ドゥ・ロンサール」というピンクのバラ。

当時3才だった、はぴ姉1号は
自分の花として白い「ティネケ」を選択。
でもとても残念なことに
数年後には枯れてしまい今はありません。

そして、はぴ姉2号の花となった
「ピエール・ドゥ・ロンサール」
こちらはぐんぐん成長し3年後には・・・
DSC01293_convert_20130526031214.jpg
たくさんの綺麗な花が咲きました。
( 2006. 5. 21 撮影 )

DSC01294_convert_20130526031251.jpg
蕾のころは、薄いピンク色。
花が開き始めると濃いピンク色に変わり
とってもゴージャスな大輪に!
見る人を楽しませてくれるバラです。

DSC01287_convert_20130526031125.jpg
はぴ姉2号と一緒に 

ところがこの「ピエール・ドゥ・ロンサール」も
2年前の夏、水のやり過ぎで腐らせてしまいました 
それはそれはショックで・・・
はぴ姉2号にも申し訳ない気持ちで・・・
私はバラを上手く育てられないなぁと
とても落ち込みましたね。

    

それから月日は流れ・・・

今年の冬だったと思います。
「ピエール・ドゥ・ロンサール」を植えていた場所に
バラの新芽らしきものを発見 
私の姉にその新芽の話をすると
「うちの庭にも植えた覚えのないバラがあるよ。
野鳥の糞に混ざり運ばれたのかな~」とのこと。

どんなバラかは分からないけど
この新芽を見守ることにしました。
ハッピーの通る道にある新芽。
踏まれないように、食べられないように
気をつけながら。

新芽はぐんぐん伸びていき
葉も増え枝も太くなりましたが
バラの品種は分かりません。

5月に入り白っぽい蕾をつけたころ
ようやく「ピエール・ドゥ・ロンサールかな?」
そんな期待が高まりました 
そしてついに
DSC05537_convert_20130526031523.jpg
「ピエール・ドゥ・ロンサール」が開花したのです 

DSC05534_convert_20130526031349.jpg
あのころと比べるとまだまだ小ぶりですが
今回の開花はほんとうに嬉しかったですね!!

IMG_0867_convert_20130526031955.jpg
満開のときはやっぱりゴージャス 

一度は姿を消したバラが
地面の中では育っていたなんて夢のよう。
さすが、はぴ姉2号のバラ。
この生命力の強さは
はぴ姉2号をあらわしているようです(笑)



ランキングに参加しています
 ぽちっとしてね
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


☆ ☆ ☆ お ま け ☆ ☆ ☆

はぴ姉1号の小学校の卒業記念でいただいた
赤いバラも見事に開花しました 
IMG_0871_convert_20130526032040.jpg
手をかければ花も答えてくれるのですね。


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

最後まで読んでいただき
ありがとうございました

 

決断

2013.2.16 はじめまして!

先日、我が家にも「狂犬病予防注射の通知書」が届きました。

去年の夏からずっと考えていることを
決断するきっかけのような通知書。


    


実は去年の夏
5種混合ワクチンをハッピーに接種したときに
アナフィラキシーショックを起こしたのです。

ワクチン接種後、たぶん15分後くらいに嘔吐をしました。
そのときは、血圧に異常もなく
ハッピーも歩くことができたので
獣医さんから
アナフィラキシーショックが起こったこと、
ショック症状を抑えるための注射があること、
これから予想される症状のこと、
今後のワクチンについてなどの
説明を受け帰宅しました。

帰宅後、顔に腫れがでてきたけれど
嘔吐もなく夕食もとれたのですが
ワクチン接種から3時間後から
再び嘔吐を繰り返すように。
動物病院へ連絡すると
来院するように指示がありました。

急いで動物病院へ行き
吐き気止めの注射と
ショック症状を抑える注射を接種し帰宅。

その後は嘔吐も止まり
2日後には顔の腫れが引いたと思います。


    


こんな経験をしたのですから
私も必死でアナフィラキシーについて調べました。
健康診断のときには獣医さんに質問しました。

ワクチンのメーカーを変えるとか、
ショック止めの注射を先に打ってから
ワクチンを接種するとか、
接種期間を1年以上あけるとか・・・
いろんな意見がたくさんあって。
たくさんありすぎて・・・
私には一番良い方法なんて分からなかった。

そのときふと考えたのが
どんなときに一番後悔するのか。
そして
「ワクチンを接種せずにワクチンで予防できる病気でハッピーを失う」よりも
「ワクチン接種をしてハッピーを失う」ほうが
ずっとずっと後悔が大きいのではないかな。
そんなことを強く感じたのです。

気持ちを中心に考えてみると
「ハッピーにはワクチン接種をしない」
そんな答えが見えてきたのでした。


いろいろな意見があるとは思います。
自分の気持ちしか考えられない飼い主だなと
つくづく思っています。
それでも、注射後に嘔吐するほどの体の変化は
すさまじかったんだろうな。
つらかったんだろうな。
2度目のアナフィラキシーは起こしてはいけない。
そんなことも思っていたりします。


この決断を胸に4月13日に動物病院へ行ってきました。
その話はまた後日・・・


ランキングに参加しています
 ぽちっとしてね 
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
最後まで読んでいただき
ありがとうございました


バラの植え替え

3月19日(火)


昨夜の雨が嘘のような快晴。
今日は小学校の卒業式でした

はぴ姉2号が通う小学校は
全児童数170人弱の小規模校。
アットホームで地域とのつながりが強い。
そんな小学校を
1年前の3月19日に
はぴ姉1号は卒業しました。

はぴ姉1号の卒業式の日、
壇上に飾られていたバラの鉢は
卒業生に2鉢ずつプレゼントされ
はぴ家で育てることに。

104_convert_20130319230632.jpg

最初はきれいな花を咲かせていたバラも
しばらくすると葉が枯れるようになりました。

もともと花や枝ぶりのわりに小さな鉢に
植えられていたこともあったので
2鉢がすっぽり入るほどの大きな鉢に
植え替えたが去年の初夏。

その後、みるみるうちに大きくなり
何度も花を咲かせ楽しませてくれました。

DSC05070_convert_20130319231025.jpg
でも大きく成長したバラは窮屈そう。

今日はそのバラ達を別々の鉢に
植え替えることにしました。

DSC05073_convert_20130319231125.jpg
鉢からすっぽりとバラを抜くと
思った以上に根が張っています。
根を慎重に2つに分けていきます。

DSC05080_convert_20130319231349.jpg
ひとつは元の鉢に
もうひとつは同等の大きさの鉢に植えて完成です


小さなころから「初めてのこと」が苦手な、はぴ姉1号。
中学では運良く仲良しの友達と一緒のクラスに。
面倒見がよく気遣い上手なその友達を
いつも頼りに一緒に行動し成長してきた姿は
植え替え前のバラみたい。

一緒に植えていたときは
1本のバラのような輪郭も
2鉢にしてみるとそれぞれはっきりします。

DSC05072_convert_20130319231104.jpg
そして枝にはたくさんの小さな葉がついていました。

この一年でたくさんの初めての経験をした、はぴ姉1号。
もう友達にくっついてばかりじゃなくても大丈夫だよね?

このバラの根や葉の成長のように
はぴ姉1号だって少しくらいは成長してるはず(笑)
自信を持って自分の場所で歩んでいってほしなと
はぴママは思ったのでした。

114_convert_20130319230738.jpg
はぴ姉1号よ
あの日の誓いを覚えていますか?
どんなときも応援しているよ


    


はぴママが庭のお手入れをしてる間
ハッピーは・・・
DSC05078_convert_20130319231331.jpg

DSC05077_convert_20130319231310.jpg
両手で耕してみたり


DSC05074_convert_20130319231148.jpg

DSC05076_convert_20130319231251.jpg
はぴ姉2号と
ままごとをしていたのでした


ランキングに参加しています
 ぽちっとしてね 
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
最後まで読んでいただき
ありがとうございました


- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
プロフィール

はぴママ

Author:はぴママ
♪ハッピー♪
2010年4月10日生まれ。
シェルティ トライの女の子。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。